ビジネスプロフィール写真の背景は?写りが良くなる背景をプロが解説

目次

  1. はじめに
  2. ビジネスプロフィール写真の背景は超重要!
  3. スタジオで撮影する場合のおすすめ背景3選
  4. スタジオ以外で撮影する場合のおすすめ背景3選
  5. スタジオ以外で撮るなら背景には気をつけよう
  6. 背景にこだわるならプロに撮影してもらうべき
  7. ビジネスプロフィール写真の背景まとめ

はじめに

「ビジネスプロフィール写真って背景何がいいん?オフィス?真っ白?ビル?」

今回はそんな疑問を解決していきます。

ビジネスプロフィール写真って「この写真じゃなきゃいけない!」って正解がないので、悩むのも分かります。

そんなあなたのために、本記事では、撮影におすすめの場所や、背景についての注意点を解説していきます。

背景選びをテキトーにすると、仕事にも繋がらない写真になってしまうので、失敗したくない方は必見ですよ!

ビジネスチャンスを切り開くプロフィール写真の撮影は【スタジオインディ】

ビジネスプロフィール写真の背景は超重要!

ビジネスプロフィール写真の背景は?写りが良くなる背景をプロが解説1

正解は無いんですけど、背景は超重要です。というのも、あなたが主役のビジネスプロフィール写真を撮らないといけないから。

背景のことなんて何も考えずに撮ると、あなたよりも背景が目立ってしまったり、背景に第3者が写り込んだりしてしまうこともあります。

そのためビジネスプロフィール写真を撮るときには、シーンに相応しい背景を選ぶ必要があるんです。

以下ではおすすめする背景を紹介していきます。

スタジオで撮影する場合のおすすめ背景3選

ビジネスプロフィール写真の背景は?写りが良くなる背景をプロが解説2

オフィスをイメージしたスタジオがあったりしますが、スタジオで撮影するのももちろんOK

どんな背景にすれば好印象に繋がる写真を撮れるのかを見ていきましょう。

ビジネスプロフィール写真におすすめの背景に関しては、こちらのサイトでも詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

写真館アワード『 あなたの第一印象を良くするビジネスプロフィール写真の背景を紹介』

スタジオでおすすめの背景1:グレー

落ち着いた印象を与える効果があるグレー。

他の色に比べて地味な印象がありますが、都会的でハイセンス、上品なイメージがあります。

また、背景でグレーを使えば格式のあるイメージもあります。

ライティングで明るさを変化させて、影をつくり頼りがいのある雰囲気などの印象を演出できるので便利な色です。

スタジオでおすすめの背景2:白

白色は、無彩色で光を反射する最も明るい色になります。清潔、純粋で神聖なイメージがあります。

写真の背景色では定番で汎用性も高いです、ライティングの調整で柔らかい雰囲気を演出できるので人気です。

ただし、白い衣装だと色被りするので、カメラマンに撮影時に相談する必要があります。

スタジオでおすすめの背景3:紺色

紺色は、知性的で洗練された印象で、上品な雰囲気を演出できる色です。

背景色で紺色を選べば、重厚な演出ができます。ライティング次第では色々な印象が演出できて、ビジネスプロフィール写真の背景に人気な色です。

ただし、珍しい色なので、紺色の背景ができないスタジオもあるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

スタジオ以外で撮影する場合のおすすめ背景3選

ビジネスプロフィール写真の背景は?写りが良くなる背景をプロが解説3

屋外でおすすめの背景1:オフィス

オフィスで腕組をしているビジネスプロフィール写真は多いです。

また商談の椅子に座った状態で撮影している写真もあります。

オフィス内で撮影することで、実際に仕事をしている時の印象を持ってもらえるのでおすすめです。

屋外でおすすめの背景2:ビル

ビルを背景にすることで、会社の役員という連想や雰囲気を出すことができます。

日の当たるビルを選ぶことでがポイントです。

光があることで、希望や未来といったイメージを持たれるからです。

屋外でおすすめの背景3:ドアの前

ドアや扉を背景にすることで高級感、威厳、風格といった貫禄を感じさせる写真を撮ることができます。

若い方だと不相応になることもありえますが、重役の方にはかなりおすすめできる背景です。

スタジオ以外で撮るなら背景には気をつけよう

ビジネスプロフィール写真の背景は?写りが良くなる背景をプロが解説4

スタジオ以外で撮影する場合には、背景を特に気をつける必要があります。

ここでは、背景に気をつけるポイントをご紹介します。

注意点1:人が写り込まないようにする

屋外で撮影する場合の一番の注意は、背景に人が写り込まないようにすることです。

被写体を全面に写したいのに、背景に人が写り込んでしまうと、雰囲気が台無しになるからです。

雰囲気を台無しにしないためにも、背景に人が写り込まないように注意をしましょう。

注意点2:写り込むものは必要最低限

ビジネスプロフィール写真を撮影する際は、余計なものが入らないようにしましょう。

デスク周りで撮影する場合は、机や椅子はデザインや場所を演出するために写しますが、机にある書類やペンなどは見えないようにしましょう。

余計なものがあるとゴチャゴチャしてしまうので、良い印象を与えることができないからです。

そのため、写り込むものを最低限にすることをおすすめします。

注意点3:日光や影を把握する

日光や影を把握しないとベストな写真を撮ることはできません。

陰で思ったより暗くなってしまったり、逆光で上手く写らないといったことが起こってしまいます。

日光と影を理解して把握しないと、被写体であるあなたのベストな写真を撮ることができません。

あらかじめ撮影する時間まで決めておきましょう。

背景にこだわるならプロに撮影してもらうべき

ビジネスプロフィール写真の背景は?写りが良くなる背景をプロが解説5

背景を徹底的にこだわりたい!という方は、プロのカメラマンに撮影をしてもらうのがおすすめ。

プロカメラマンに撮影をしてもらえば、間違いなくベストな写真を撮ってくれます。

写真を写すプロのため、背景のぼかし方や、日光や影を把握などの撮影に関する全てを知っています。

できた写真を比べると、素人が撮影したものと、プロが撮影したものでは仕上がりが一目瞭然。

プロに頼むので費用は掛かりますが、クライアントとビジネスを結ぶために必要な投資といえます。

写真は相手に第一印象を与える大切なもののため、写真スタジオを利用することをおすすめします。

ビジネスチャンスを切り開くプロフィール写真の撮影は【スタジオインディ】

ビジネスプロフィール写真の背景まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスプロフィール写真の背景の大切さをご紹介しました。

写真の背景は被写体の印象を左右する大切なものです。

無地の背景の場合は、色によって被写体の演出やイメージを連想させます。

スタジオ以外で撮影する場合は、背景をどうするかで、品格や風格を連想や演出したりしますが、背景に写すものや、光や影に注意を配る必要があります。

注意する箇所が多いので、写真スタジオを利用してプロカメラマンに撮影してもらえば、安心してビジネスプロフィール写真を撮ってもらうことができます

自分のイメージの背景をみつけて、クライアントに信頼してもらえるビジネスプロフィール写真を撮ってくださいね。