ビジネスプロフィール写真のサイズは?適切なサイズをプロが解説

目次

  1. はじめに
  2. ビジネスプロフィール写真は用途によってサイズが異なる
  3. 用途が複数なら大きめの写真をもらっておく【トリミングしましょう】
  4. 写真が大きすぎる場合は収縮しよう
  5. ビジネスプロフィール写真のサイズまとめ

はじめに

「ビジネスプロフィール写真ってどのサイズがいいの?正解が無いから分からん。」

今回はそんな悩みを解決していきます。

たしかにサイズに正解は無いですが、目的をしっかりと定めることで適切なサイズが分かります。

本記事を読めば、サイズが分からない悩みとはおさらば。あなたのビジネスプロフィール写真にぴったりのサイズを教えます。最後までゆっくりご覧ください。

ビジネスプロフィール写真は用途によってサイズが異なる

ビジネスプロフィール写真のサイズは?適切なサイズをプロが解説1

利用するメディアによって、写真を効果的に見せるサイズが変わってきます

同じ写真を複数使い回そうとしても、あっちでは小さいこっちでは見切れてしまう等々の問題が発生します。

特に注意するべき点として、PCから見る人も居ればスマートフォンから見る人も居るという点。

自分が使っている端末では問題無く表示されていても、他端末では見にくくなってしまっている場合も……

それを踏まえて、それぞれ適切な設定を見ていきましょう。

1.Twitterに使用する場合

アイコン400(横)×400(縦)px
ヘッダー1500×500px
セーフエリア1500×360px
対応形式:JPG・PNG・GIF

ヘッダーは、表示方法によっては縦が欠けてしまったりアイコンが被ってしまうので、会社のロゴ等、見切れて欲しくない重要な部分はセーフエリアとなる1500×360px内に収めてください。

また、GIF対応ですが、アニメーションGIFは再生されず静止画となります。

2.Instagramで使う場合

プロフィール画像320×320px
対応形式:JPG・PNG

他のSNSと比べてPCとスマートフォンで表示されるサイズの差異が大きく、PCでは鮮明に写っていてもスマートフォンでは見辛いといった問題が発生します。

四隅に気を付けつつ被写体を可能な限り大きくすることを意識して下さい。

3.Facebookに使う場合

プロフィール写真180×180px
カバー写真 820×360px
セーフエリア640×320px
対応形式JPG・PNG・GIF

Facebookは使用端末によってカバー写真の表示方法が大きく異なります。

加えて、プロフィール写真が中央下部に一部重なって表示されるので、重要な要素はセーフエリアである640×320pxに収めつつ、配置はなるべく上部になるように設定してください。

4.ホームページで使う場合

ホームページを利用すると、自由度が大幅に向上します。

その為、どのような写真でも用いる事が出来ますが横長の画像を基本とし、長辺を1080px確保すると効果的です。

5.現像して使う場合

画像を印刷する場合はL版写真(127×89mm)が基本的です。
1524×1074pxの画像を現像すると綺麗な仕上がりになります。

ビジネスプロフィールのサイト別サイズの違いに関しては、こちらのサイトでも詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

写真館アワード『【サイト・SNS別】ビジネスプロフィール写真に適したサイズを紹介』

用途が複数なら大きめの写真をもらっておく【トリミングしましょう】

ビジネスプロフィール写真のサイズは?適切なサイズをプロが解説2

上記の様に、使用する媒体によって最適なサイズが変わってきますが、その都度撮り直すのは手間が掛かってしまいます。

これに対応するために、おすすめなのがトリミング

サイズを変更したり、必要な部分だけを切り取ったりすることが可能で、1つの写真を複数の用途に合わせて使うことが出来ます。

その際なるべく大きめの写真を用意するとトリミングの幅が広がって、より多くの用途に対応出来ます。

トリミングの方法1:お店でやってもらう

写真屋さんに依頼する方法はお金が必要ですが、簡単かつ綺麗な仕上がりが期待できます。

依頼する際、トリミングの方針や必要サイズを事前に把握して、店員さんに確実に伝えられる準備をしておきましょう。

トリミングの方法2:自分で行う

PCをお持ちであれば標準ソフトで、お金をかけずに自由自在にトリミングが可能です。

慣れない内は少々手間取るかもしれませんが、『サイズ』と『加工する範囲』をしっかりと確認して、納得のいくまで何度でも調整しましょう。

写真が大きすぎる場合は収縮しよう

ビジネスプロフィール写真のサイズは?適切なサイズをプロが解説3

適切なサイズの他に注意しなければならないのがデータ容量。

写真屋さん等の高画質な画像や非常に大きな画像、過度な編集を加えた画像はデータ容量が大きくなります。

10MBを超えてしまうと、サイトによっては使うことができないケースも考えられますので、写真サイズを小さくする、画質を下げるといった対策を取って10MB以下に抑えましょう。

こちらの記事ではビジプロ写真の“データ化”についてまとめております。
写真データの保存先についても解説しておりますので、あわせてご覧ください!

ビジネスプロフィール写真はデータが必須!データ化の方法を解説

ビジネスプロフィール写真のサイズまとめ

以上、ビジネスプロフィール写真の適切な運用についてご紹介しました。

  • ・適切な写真サイズは利用する媒体で変わる
  • ・様々なサイズに対応するために大き目の写真を用意しトリミングを行う
  • ・データ容量を10MB以下に抑える

写真は、自分の第一印象を左右する重要な要素です。

適切な設定を行い、あなたという人間を最大限に表現することに助力できれば幸いです。

ビジネスチャンスを切り開くプロフィール写真の撮影は【スタジオインディ】